僕らはそれを我慢できない

Hanaoto novels

まのあそのか

1996年10月5日

芳文社

939円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大学生の一海は、飼っていたインコのナツキに逃げられて孤独に暮らしていた。ある日チンピラに絡まれた一海に前に、黄緑の長髪にオレンジのメッシュを入れたハデな青年が颯爽と現れた。一海の部屋に居ついてしまった彼は夏生と名乗った。インコのナツキと同じ名で外見もよく似ている青年の正体は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください