愛の手綱を放すとき

シルエット・ディザイア

ジャスティン・デーヴィス / 金井博子

1995年1月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

651円(税込)

小説・エッセイ / 新書

乗馬教師のカイリーは落馬した教え子エイミーに付き添って病院へ行き、そこで初めてエイミーの父親タイラーに会った。エイミーの話から、てっきり石頭の頑固親父と思っていたのに、こんなに若くてたくましい、すてきな人だなんて…。カイリーは思わず胸をときめかせた。ところが、彼はいきなり彼女をにらみつけて断固とした口調で言った。「君のせいで娘は怪我をした。二度と娘に乗馬などさせない」たしかに彼は、相当手ごわい男のようだ。十九の時から男手ひとつで娘を育ててきたタイラーには、乗馬など子供の危険なお遊びに見えるのだろうか。なんとかエイミーが乗馬を続けられるうまい方法はないかしら。カイリーの思いをよそに、彼は笑ったことがないような険しい顔で、ブルーの瞳を冷たく光らせて彼女を見つめた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください