白いバラのブーケ

シルエット・スペシャル・エディション 239

ノーラ・ロバーツ / 久坂 翠

1988年3月31日

ハ-レクイン

638円(税込)

小説・エッセイ

「ケイン」アナンは足もとにうずくまる息子の手を強く握りしめた。病院の待合室。夫のダニエルがけがで入院したという知らせに、次男のケインは飛行機をチャーターして妻子と駆けつけてくれた。やがて、長男のアランや娘のセレナたちもやってくるだろう。不安と恐れに打ちひしがれそうになりながら、アンナは意志の力でやっとそれに耐えていた。手術室から担当医が現れると、アンナは急いで駆け寄った。夫の手術は終わり、これからの24時間が生死の瀬戸際だという。同僚の医師と言葉わ交わすアンナは,もはや外科医ではなく、夫を心から愛する妻でしかなかった。集中治療室に移されたダニエルが、長い眠りからさめて目を開けた。そばには愛するアンナがいた。アンナは、夫が伸ばそうとする手にそっと口づけをする。ダニエルはほほえみ,再び目を閉じると妻との思い出に満ちた優しい夢の世界へ戻っていった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください