子どもへのまなざし

福音館の単行本

佐々木正美 / 山脇百合子

1998年7月31日

株式会社 福音館書店

1,870円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

児童精神科医が語る、乳幼児期の育児の大切さ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.59

読みたい

18

未読

9

読書中

9

既読

42

未指定

107

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年04月01日

所長の机にあった本、第2段! 早期教育は一種の虐待みたいなものだそうで、与えるのは良いけど期待通りの答えが返ってくることを期待しない。待ってあげようとのことです。 乳児期は存分に甘やかしていいそうです。夜中に授乳しないと決めて3日経つと諦めて朝まで寝入る習慣がつくっていうのは、困難を克服する忍耐強さをなくしてしまうものに似ているそうです。 泣くことで自分の希望を伝えて、望む通りにしてあげれば相互信頼が築けるそうです。

全部を表示

mie

子育てについて考えるきっかけに

-- 2019年04月09日

子供が出来たので、なにか読もうと思い、古本屋でオススメされていた本を手に取りました。子育ては手抜きをしては行けない!という感じが私の子育てに合うかと言われれば、難しい。女性も社会進出していく中で、どのように子育てを行うのか、ということについても、勉強してみたいという気持ちになる。お母さんが、お母さんが、というのも、お父さんはどうなのかな?という気持ちになってしまう。でも、親になり、子育てについて考えるきっかけになったという意味ではとてもためになりました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください