邪馬台国の前方後円墳

廣瀬覺

2003年1月31日

文芸社

1,320円(税込)

人文・思想・社会

在野の考古学研究者が邪馬台国とヤマトの初期の古墳についてフィールドワークと文献研究に基づく新たな仮説を発表。ヤマトの出現期の前方後円墳には「天円地方」の思想と「ヤマトの神仙思想」に加えて弥生時代の土器類が影響を与えているという観点から、前方後円墳の墳形の謎に迫る。歴史・考古学の世界に新たな一石を投じる画期的論文。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください