アップルvsアマゾンvsグーグル

電子書籍、そしてその「次」をめぐる戦い

マイコミ新書

武井一巳

2010年8月31日

マイナビ出版

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

電子書籍や音楽配信、動画配信など、ここ数年のIT業界のデジタルコンテンツに関する動きを見れば、アマゾン、アップル、グーグルの3社が突出していることがわかる。従来のマスメディアが握っていた膨大なコンテンツを、どのようにネットで流通させ、収益に結び付けていくのか。ネット上の展開に苦しむ旧来のメディアを尻目に、IT業界ではすでにこれらのコンテンツをどう消費者に届け、収益を上げるかを模索している。その先頭を走る3社だが、その戦略次第ではどこかが突出し、あるいはどこかが脱落することもありえる。本書では、電子書籍を中心に3社の戦略から最新の動向を分析し、デジタルコンテンツをめぐるその「次」の動きを予測する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください