想いはいつも線香花火(2)

電撃文庫

一色 銀河 / ゆい

2005年6月10日

KADOKAWA

627円(税込)

ライトノベル

三人姉妹が暮らす高倉家に居候し、炎術の修行に励む優夜17歳。クラスメートの男子たちからは「おいしい思いしやがってこの野郎」と妬まれたりするが、長女の彩雲には修行という名の虐待にあい、三女の美風からは変態扱いされる日々。バラ色とは正反対の毎日を送っていた。が、しかし、ひょんなことから美風を手助けすることになり、ふたりの関係がちょっと接近。おまけに次女の美空とデートなんかもしちゃったりして、これは三角関係の始まりか!?第6回電撃ゲーム小説大賞「銀賞」受賞作家が放つ話題のラブ(?)コメディ待望の第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください