想刻のペンデュラム

電撃文庫

鳥生浩司

2005年7月31日

アスキー・メディアワークス

671円(税込)

ライトノベル

かつて西方より日本に流れ着き、対立の末に血を流した三つの支族があった。その記憶を血に刻んだ人々が、長い時を経て目覚めはじめるー。“アシェルの猟犬”菜摘絢は、容赦なくガドを狩る。“ガドの申し子”結城誓人は、真の目的を秘め雌伏する。“調停者レビ”三刀沙夜は、流血を止めるべく奔走する。そして三つ巴の戦いに巻き込まれた隆旗洸にはある秘密があり、それは事態を打開する力を持つというが…。それぞれの想いを乗せて振り子は物語を刻んでいくー。期待の新人が贈る伝奇アクション、開幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください