65歳定年に向けた人事処遇制度の見直し実務

労務行政研究所

2019年4月30日

労務行政

5,060円(税込)

ビジネス・経済・就職

構造的な人手不足、2025年度に年金支給開始年齢が65歳へ移行、同一労働同一賃金への対応、バブル期入社層の本格的なシニア化、65歳以上の継続雇用年齢の引き上げなど高年齢者雇用をめぐる環境激変を受け、これから求められる高年齢者雇用の在り方を多角的な視点から専門家が解説します。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください