スマートシティの脅威

加藤 やすこ

2021年11月12日

緑風出版

1,980円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

現在、政府はIoT(モノのインターネット)やビッグデータ、AI(人工知能)などの先端技術を利用して、少子高齢化や人口減少などの社会的な課題を解決し、経済発展も目指す新しい社会、スマートシティ=「ソサエティ5.0」の実現を目指しています。ソサエティ5.0では、現実空間のIoTが情報を集め、AIが集約された情報を分析することになります。自動走行車で移動し、AIが分析した結果を人間に提案し、工場ではロボットが自動的に製造します。これまでになかった新たな価値が産業や社会にもたらされ、多様なニーズに対応できるようになる、と考えられています。政府は「これは一人一人の人間が中心となる社会であり、決してAIやロボットに支配され、監視されるような未来ではありません」と述べていますが、中国のようなデジタル全体主義につながるリスクも孕んでいるのではないでしょうか。本書ではスマートシティの問題点をさまざまな角度から分析し、その危険性を考えます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください