台湾セクシュアル・マイノリティ文学(3)

黄英哲 / 白水紀子

2009年3月31日

作品社

2,640円(税込)

人文・思想・社会

俺は13の年に死んだ。つける薬のない同性愛者だとわかったからだ。自身のセクシュアリティを受け入れるまでの葛藤や成長とともに台湾社会の疎外感・閉塞感を描いた表題作のほか、台湾を代表する作家の全六篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください