オリンピックVS便乗商法

まやかしの知的財産に忖度する社会への警鐘

友利昴

2018年11月30日

作品社

2,640円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

自由競争と企業努力の賜物であったはずのアンブッシュ・マーケティング(便乗商法)は、いかにして悪質な「寄生商法」になってしまったのか?オリンピック委員会の主張する「使ってはいけない表現」には本当に法的根拠があるのか?2020年東京オリンピックが迫るいま、知財・商標保護に精通する著者が、オリンピック組織の身勝手な主張を精査。どこまでがセーフで、どこからがアウトなのか?線引がまったく不透明ゆえに「忖度」による自粛ムードに覆われるなか、豊富な事例を交えて確かな「答え」を提示する。マーケティング、広告宣伝、知的財産、そしてオリンピックにかかわるもの必読の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

すずきたけし

書店員@16の小さな専門書店

狂気すら感じるIOCのアンブッシュマーケティング規制/『オリンピックvs便乗商法』

starstarstarstarstar
5.0
0
2019年12月24日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください