天井桟敷の父へ

香山 マリエ

2011年5月1日

鳥影社

1,650円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

1939年、勇躍パリへ。だが直後、第2次世界大戦勃発。末松正樹はそこで何を見たのか?戦後は日仏文化のかけはしとして活躍するが、その一方自らの芸術と生活に苦悩する。ひとりの画家の光と影を娘が追う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください