じらしたお詫びはこのバスジャックで

大橋慶三

2012年11月30日

産業編集センター

1,540円(税込)

小説・エッセイ

晴れ渡る湾岸の高速道を快調に走るバス。その閉じられた空間は、いま「バスジャック犯」に占拠されていた。「俺は人を殺せる男だ、でも殺さない男だ。わかるか?」バスには、東京から越してきたばかりの栗山家の三人を含む、それぞれ事情を抱えた八人が乗り合わせていて…。次々と予想を裏切り続ける展開に込められた「祈り」。そして姿を現す「ミラクル」とは?第14回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください