井上馨

開明的ナショナリズム

堀雅昭

2013年5月31日

弦書房

2,640円(税込)

人文・思想・社会

傑物か、世外の人か、三井の番頭か。長州ファイブのリーダー・井上馨(1835-1915)が描いた近代化=欧化政策の本質はどこにあったのか。膨大な資料と縁者からの取材をもとに虚像と実像のはざまを埋める戦後初の本格評伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください