フロネシス(07)

三菱総研の総合未来読本

三菱総合研究所

2012年2月29日

丸善プラネット

1,320円(税込)

人文・思想・社会

人口減少社会は地方を直撃する。規模の小さい市町村ほど人口減少のスピードは速い。しかし発想を転換すれば、人口が集中した大都市よりも、自然や伝統、文化を残した地方のほうが未来への希望が大きい。農業や再生可能エネルギーは、自然資源の豊かな地方ほど有利だ。高齢化対策は新たな産業・雇用を生みだすトリガーになるし、過疎化対策はITを活用した新しいライフスタイルの実験になる。都会より田舎を志向する若者も増えてきた。新しいローカリズムの時代の幕開けである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください