ウェヌス

豊饒からエロスへ

高橋朋子

2016年10月31日

悠書館

2,200円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

古代ギリシャ・ローマ時代には美と豊饒をつかさどる女神であったウェヌスは、いかにしてエロスの源泉へと変貌していったのか?ルネサンス期のイタリアを中心に、“裸体で眠る女性像”を見つめる視線の変遷と絵画制作のスリリングな関係を詳細にたどる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください