フリー・ザ・コンプリート

伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩

デヴィッド・クレイトン / トッド・K・スミス

2017年10月13日

DU BOOKS

4,620円(税込)

エンタメ・ゲーム

本書に書れているのは、フリーの盛衰である。シングルとアルバムがヒットした興奮の日々、そして、それが原因となり、1971年、最初の解散を迎える。短い期間を駆け抜けたバンド(コゾフ・カーク・テツ・ラビット、ピース、トビー)を経て、1972年に再結成。その理由が語られる。1973年、最終的な解散。それがバッド・カンパニー、シャークス、バック・ストリート・クローラーにつながり、1976年、ポール・コゾフが悲劇的な最後を遂げる。フリーは本当に終わったのであった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください