淡海乃海 水面が揺れる時 八(8)

イスラーフィール

2020年8月20日

TOブックス

1,399円(税込)

小説・エッセイ

1577年。宿敵・足利義昭の挙兵から一年、義昭を擁する毛利家との戦に意欲を燃やす基綱は高松城を攻めることに。今回の作戦は水攻め。地の利と天気を生かした奇策で敵軍の打つ手を奪っていく。また、今回の戦は元服を済ませたばかりの長男・堅綱の初陣である。尊敬する父の役に立ちたいと緊張が止まらないーそんな彼に与えられたのは意外な任務で…?息子よ、強く逞しくあれ!新時代天正へ向け、父から子へ想いを繋ぐ戦国サバイバル小説、最新刊!書き下ろし外伝+漫画:もとむらえり描き下ろし4コマ漫画、コミックス3話を収録!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください