可能なるコミュニズム

柄谷行人

2000年1月31日

太田出版

1,760円(税込)

小説・エッセイ

『群像』連載時より大幅改稿した柄谷行人『トランスクリティーク』結論部、資本蓄積しない新通貨LETSのメカニズムを分析した西部忠論文、国家に依存しない協同組合の原理的規定をさぐる山城むつみ論文に加え、各論文を検討する共同討議を収録し、国家と資本に対抗する新たな運動原理をさぐる21世紀のコミュニスト・マニフェスト。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください