蟹工船

まんがで読破

小林多喜二 / バラエティ・アートワークス

2007年10月31日

イースト・プレス

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

軍閥支配の進む昭和初期。北洋オホーツクで蟹を獲り缶詰に加工する工場船「博光丸」では、貧しい労働者たちが働いている。不衛生な環境、長時間労働を強制する監督浅川。過酷な環境に耐えきれず、やがて労働者たちは一致団結し、ストライキを起こすが…。「資本と労働」の普遍的テーマを描いたプロレタリア文学の代表作を漫画化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.23

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

26

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください