現代住宅研究

10+1 series

塚本由晴 / 西沢大良

2004年2月29日

LIXIL出版

2,420円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 科学・技術

本書で問題にする「現代住宅」とは、基本的には二〇世紀後半に建築雑誌に発表された、建築家の設計による住宅作品である。したがっていくつかの例外はあるが、ほとんどの「現代住宅」は雑誌を通して経験されたものに過ぎない。それでも、この時期に成立した、批評や表現としての住宅という領域は、著者たちが建築を志す過程に多大な影響を与えた。そうした「現代住宅」を並べて研究のようなことをするのは、著者たちが依然その影響下にあるからとも言えるし、その重しを少しずつ取り去るためとも言える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください