官の錬金術

失業保険1兆円はどこへ消えたか

保坂展人 / 岩瀬達哉

2005年11月30日

WAVE出版

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職

90年代前半には4兆7500億円の積立金を持ち「保険の優等生」とも呼ばれた雇用“失業”保険。しかし、現在、失業保険の積立金は減り続け、政府は手業手当を大幅に減額している。サラリーマンが報われない現状に疑問を抱いたジャーナリストが厚生労働省の内部資料を入手。その内部資料をもとに役人の錬金術ともいうべき、天下り利権システムを明らかにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください