春よ来い、マジで来い

足立紳

2023年10月31日

キネマ旬報社

2,310円(税込)

小説・エッセイ

助監督、ピン芸人、小説家志望の男と4人で阿佐ヶ谷のアパートに共同生活。長く付き合った恋人に別れを切り出されれば嫌だ嫌だと泣いてすがり、バイトもろくにせずに実家の母に仕送りを無心する、二十九歳、脚本家志望の男・大山孝志は、有名な映画とマンガをもろにパクったシナリオを書いてコンクールに応募したがー。映画『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』の脚本を手掛ける映画監督で脚本家、小説家でもある、足立紳。まったく先が見えずにウダウダとしていた時代の実話を交えた青春小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください