陳寿が記した邪馬台国

「倭人伝」を読む2

生野真好

2001年7月31日

海鳥社

1,870円(税込)

人文・思想・社会

古代の糸島には、邪馬台国と伊都国が共存していた!陳寿はなぜ、『三国志』の外夷伝で北狄と東夷のことしか書かなかったのか。「倭人伝」に書かれた“国境”とは…。「女王」と「女王国」の書き分けの意味は…。距離を示すのに長里と短里の二つの里単位を“混用”した理由は…。陳寿の視点で「倭人伝」を読めば、真実は自ずと見えてくる。定説を疑い、文献研究から導いた邪馬台国の姿。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください