沖縄戦・ある母の記録

戦争は親も子も夫も奪ってしまった…

安里要江 / 大城将保

1995年2月28日

高文研

1,650円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

県民の四人に一人が死んだ沖縄戦。その最大の犠牲者は住民だった。“鉄の暴風”の下、人々はいかなる日々を生き、かつ死んでいったかー。初めて公刊される一住民・一家族の克明な体験記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください