風の生まれるかなたに

くもんの創作児童文学シリーズ

茂市久美子 / 広野多珂子

1991年3月1日

くもん出版

1,494円(税込)

絵本・児童書・図鑑

「人は誰でも、遠い遠い山のどこかに、自分だけの悲しみの花を持っていると思うわ。その花は、いつもは花びらをとじて眠っているんだけれど、たまにひらくことがあるの。きっと、そのときなのよ。わけもなく、ふっと悲しくなるのは…。」かいは、悲しみの青い花を、ヒマラヤの奥深く、果てし谷で見つけました。そしてそのもっと奥には、風の生まれるかなたがあるのです。風の生まれるかなたーしあわせの国があるところ。そこへは、誰でも時がくればかならず行けます。そしてかいの兄さんは…。雄大なヒマラヤの峰々を跳ぶ、かいの冒険物語。小学上級以上向き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください