自動車の走行性能と構造

開発者が語るチューニングの基礎

堀重之

2021年1月27日

グランプリ出版

2,200円(税込)

科学・技術

「走行性能の高いクルマ」といえば、まずサスペンション構造を思い浮かべるが忘れてはならないのはボデー剛性である。著者は数々の車種を開発する中でどの部分を強化すれば、どのように走りが変化するかを解明した。本書では、その全貌を明快に記述するとともに、走行性能の高いと評価される欧州車16車を具体例として、その知見を踏まえて解説する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください