流される美学

曽野 綾子

2015年10月15日

興陽館

990円(税込)

小説・エッセイ

ものの考え方は不純がいい。悩みのない人間の不幸は深い。人間の死のもっともきれいな形とは。病気にも不幸にも意味がある。矛盾が人間に考える力を与えてくれる。この世で唯一信じていいのは死だけ。人生の「さみしさ」は味あわなくてはいけない。人生は初めから終わりまで「通過」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください