猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?

ディスカヴァー携書

猪口 邦子 / 勝間 和代

2007年4月30日

ディスカヴァー・トゥエンティワン

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

昨今、少子化という言葉を目にしない日はないが、その問題の深刻さについて、本当のところを理解している人は非常に少ない。この少子化の先に待ち受ける社会とは?その原因と対策、鍵を握るワーキングマザーの実態、そして、政治と個人にできることを、現職衆議院議員にして前少子化担当大臣猪口邦子と、ワーキングマザーとその予備軍のためのウェブサイト「ムギ畑」の主宰で、数々の賞をとる気鋭の経済評論家勝間和代が、あらゆる角度から検証する本書は、少子化問題の全容を知る貴重な1冊であると同時に、その現象に映し出されている「近代」の本質と、ポストモダンとしての21世紀型価値観の提言の書でもある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください