電気通信主任技術者無線テキスト新版

電気通信主任技術者試験研究会

2005年4月30日

日本理工出版会

4,180円(税込)

科学・技術

電気通信主任技術者試験は毎年2回(7月と翌年1月)実施されていますが、その合格率は18%前後と低く、かなりの難関となっています。この中で、専門科目の「無線」を受験する人は年々増大する傾向にあります。これは、衛星通信、携帯電話や無線LANおよびIP通信サービスなどが出現して以来、その普及と価格性能比の向上、さまざまな機能を持たせるなど無線通信を取り巻く状況はめまぐるしく変化し、ビジネスの基盤として無線通信の重要さがますます大きくなっていることによるものと考えられます。このような状況を考え、1999年発行の初版の「無線テキスト」を大幅に見直し、かつ現今の出題状況をもとり入れ、「新版無線テキスト」として一新しました。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください