サリー・マーラ全集

レーモン・クノー・コレクション

レーモン・クノー / 中島万紀子

2011年9月30日

水声社

3,850円(税込)

小説・エッセイ

処女サリー・マーラが覚えたてのフランス語で記した、性に関する探究と、殺人事件“ダブリンの吸血鬼事件”などについての「日記」。サリーがゲール語で書き、ミシェル・プレルが翻訳したという、郵便局に立てこもった男たちがひとり残った女性郵便職員に悩殺される受難を描いた「皆いつも女に甘すぎる」。サリーが自分が書いたものではないと拒絶する、雑文集「もっと内密なサリー」。クノーが愛したジョイスにオマージュを捧げるかのような、サリーによる、クノーによる全集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください