鈴木いづみコレクション(1)

鈴木いづみ

1996年9月30日

文遊社

1,922円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

10光年のはるか彼方から鈴木いづみが還ってきた。静謐な絶望のうちに激しく愛を求める魂を描いた自伝的長編小説。衝撃の自殺から10年、希望を抜き去り、あっというまに絶望までも明るく抜き去った、’70年代最速のサイケデリック・ヴィーナス、鈴木いづみが還ってきた。ニセモノを見極め、かつ楽しむことができた醒めた目は、とれかかったつけまつげの奥で何を見つめていたのか。’70年代から現代を照射する、いづみファン待望の著作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください