さようなら!盲導犬ベルナ

「目の見えない盲導犬」の巻

郡司ななえ / 高橋貞二

2000年7月7日

ハート出版

1,320円(税込)

絵本・児童書・図鑑

ななえさんちの盲導犬ベルナは、おばあさん犬。白内障という病気のために、目が見えなくなってしまいました。「ボクが、ベルナちゃんの目になってあげる」小学三年生の幹太くんは、目の見えないお父さん、お母さん、そしてベルナの目となって大はりきりです。ところが、ベルナのほうは、盲導犬の仕事がなくなって、すっかり元気がありません。ななえさんはいろいろ考えて、ついにベルナの新しい仕事を思いつくのでした…。これは、盲導犬と暮らした一家の愛と感動の実話です。小学校中学年以上向き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください