小説 「安楽死特区」

長尾 和宏

2019年12月17日

ブックマン社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

まだここだけの話、ということで“安楽死特区”構想についてざっくり説明しますね。国家は、安楽死法案を通そうと目論んでますよ。なぜなら、社会保障費で国が潰れそうだからです。しかし国民皆保険はどうしても維持したい。それならば、長生きしたくない人に早く死んでもらったほうがいい、そう考えています。ベストセラー医師による、初の本格医療小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

13

未読

1

読書中

1

既読

42

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください