悪魔の血血の悪夢(1)

小説悪魔城ドラキュラ

ログアウト冒険文庫

手塚一郎

1994年2月22日

アスペクト

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人がこの世に生を受けるとき、その魂は神に祝福されているという。だが、赤い羊膜をまとって生まれた子どもは、死してのち吸血鬼となることを宿命づけられているのだ。その宿業から解き放たれるのは、白い羊膜をまとって生まれた守護者に倒されるときだけである。ゲーム小説界のニューヒーロー手塚一郎が、悪魔城ドラキュラに題材を求めた吸血鬼小説の意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください