ミトルヒト

終末期の悲嘆に寄り添う一人の僧侶の軌跡

長倉伯博

2015年1月31日

本願寺出版社

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

終末期を迎える患者やその家族には、身体的・精神的・社会的なさまざまな「痛み」が現われる。医療だけでは除けない心の痛みのケアこそが、宗教者の役割であり、それは医療者と連携することで、より効率的に行えると呼びかけ、二十余年にわたり患者たちに寄り添い、その最期を看取ってきた一人の僧侶。ベッドサイドに仏教がある風景が、仏教と医療とが協働するターミナルケアが、ここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください