歴史の底から

正像末和讃を読む 上

大峯顕

2010年8月31日

本願寺出版社

2,200円(税込)

人文・思想・社会

親鸞聖人は、自己の現在の体験を深く内省して、末法の時を告げる経典の予言的な真理性に魂をゆさぶられたのです。そして、この末法の現実は、仏法のたんなる消滅ではなく、むしろ従来の仏法の転換を合図しているというのが聖人の洞察です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください