遊廓の少年

辻中剛

1992年11月30日

エフ企画(パロル舎)

2,136円(税込)

小説・エッセイ

京都金閣寺裏で11才の少女を殺害、逮捕されたのが吹上佐太郎であった。当時19才の犯人は二つの恩赦で無期の獄より出ると、関東各地で六連続少女殺人を犯していく…。それは明治から大正へ、苛酷な奉公制度の名残りのなか、極貧にあえいだ上での犯行だった。無学ながら獄中で尨大な著作を残したこの殺人犯の類型として小平義男、栗田源蔵、李珍宇、大久保清、永山、勝田らは位置するのだろうか。日本型連続殺人のメカニズムとは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください