虚無の道標(みちしるべ)

ハルキ文庫

森村誠一

1997年7月31日

角川春樹事務所

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

老舗のデパート・都屋百貨店の営業企画室に勤務するエリート社員・有馬正一が中心になって推進した支店系列化計画は大成功を収めたかにみえた。が、喜びも束の間、都屋百貨店の強引なやり方に抗議して小売店の老夫婦が飛び降り自殺をし、有馬はその責任をとり会社を辞めることになった。さらに傷心の有馬を襲ってもう一つの事件が…。人間の自己回復を描く感動の力作長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください