死海の伏流

ハルキ文庫

森村誠一

1998年7月18日

角川春樹事務所

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

厚木市郊外の山林で、一流ホテルの美人社員・八切美樹子が強姦され、殺された。事件後、文芸誌の編集者である妹の亜希子は、受け取ったさし絵を見て、驚愕する。そこには姉の顔がありありと描かれていた!熱海で気鋭の経済評論家と姉が一緒にいたという、さし絵画家の証言を頼りに、亜希子は独自で調査を開始するが…。国家の闇を鋭く抉る社会派ミステリーの傑作長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください