三国志(7の巻)

ハルキ文庫

北方謙三

2001年12月31日

角川春樹事務所

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

解き放たれた“臥竜”は、その姿を乱世に現した。劉備の軍師として揚州との同盟を図る諸葛亮は、孫権との謁見に向かった。孫権に対し、曹操と劉備軍の交戦を告げる諸葛亮。その言動に揚州は揺れ動く。一方、孫堅、孫策に仕え、覇道のみを見つめてきた周瑜は、ついに孫権の心を動かし、開戦を宣言させる。巨大なる曹操軍三十万に対して、勝機は見出せるのか。周瑜、諸葛亮、希代の智将が、誇りを賭けて挑む『赤壁の戦い』を描く、北方“三国志”白熱の第七巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

1

未読

13

読書中

1

既読

344

未指定

83

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ぱうあたん

赤壁の戦い

starstarstarstar 4.0 2024年06月09日

よく考えて時代考証をされている。 赤壁の戦いはポプラ社の三国志では諸葛亮が東南の風を吹かせた。北方版では年に一度のそのタイミングを読み切った。 どんどん登場人物が出ては消えていく。 ここまではやはり曹操と劉備の物語に思える。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください