イスラエル考古学の魅力

サブラと遺跡と湖と

牧野久実

2007年5月31日

ミルトス

1,650円(税込)

人文・思想・社会

イスラエル・ガリラヤ湖畔での、日本・イスラエル共同チームによる発掘調査に参加した著者は、イスラエル考古学の魅力に触れ、留学までする。サブラ(イスラエル生まれのイスラエル人の愛称)との出会い、聖書のルーツを明らかにする遺跡、ガリラヤ湖と琵琶湖の比較などを思うままに書き綴った。異文化を知り、また自らの文化を知るのが、本書の意図。聖書考古学から始まったイスラエル考古学を知る上でも、最適の入門書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください