邪馬台国の終焉

卑弥呼の野望と壱与の挫折

後藤幸彦

2013年5月31日

明窓出版

2,750円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

卑弥呼は黄幢を待ちわびていたー。その黄幢に託された野望とは?邪馬台国終末期、西日本の動勢を文献・考古、そして新年代論から読み解く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください