団塊の世代とは何だったのか

新書y

由紀草一

2003年10月31日

洋泉社

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

過剰意味づけ、うるさい、自分の主張を押しつける、せっかち、リーダーシップなし、責任をとらない、被害者意識ばかり…いまや団塊世代をバッシングする言葉は何らの緊張感なしに垂れ流されている。しかし、誰にそう言い切る資格があるのか?純粋戦後世代第一号たるこの世代を論じることは、とりもなおさずこの国の戦後が無意識に追求してきたものを論じることに他ならない。好悪の感情ではなく、自分を論じるようにこの世代を論じ切ることは、じつに戦後を、身勝手を正当化するだけのろくでもない代物にするか生きる根拠とするか、の分かれ目である。嫌われ続ける団塊の世代、その根拠の正否を問う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください