ピンクレディー世代の女のコたちへ

益田ミリ

2003年9月30日

いそっぷ社

1,430円(税込)

小説・エッセイ

口さけ女、キャンディ・キャンディ、サンリオ、なめネコ、知世カット、オサムグッズ…。子どもの頃、ピンク・レディーを振りつけで踊ったあなたのための、思い出ブック。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年02月28日

小中高と私立でも進学校でもない、全て徒歩圏内公立校出身というミリさんは自分と同じ生育環境であり親しみを持つ。 私とは価値観から何から真逆のヤンキーに影響を受けるのはこれはもう公立校出身者の宿命だろう。 時には一人だったり冴えぬ友たちとつるんでいた私とは違い、ミリさんとはキャラが重なっているようで重なっていない。ので立ち位置は違うけれど、時代は同じでエピソードもアルアルな懐かしい物が多かった。応援したい。 期待したのほほんとしたユルキャラばかりではなく蠍っぽさが結構あるがそれを隠さないところに個性がある。 ゆるふわで可愛く優しい世界観はもう見飽きている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください