ルシファー・エフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき

ふつうの人が悪魔に変わるとき

フィリップ・G.ジンバルドー / 鬼澤忍

2015年8月3日

海と月社

4,180円(税込)

人文・思想・社会

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

11

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

面白い本をいろいろ紹介されている方の熱の入った書評に惹かれたので手にとってみた。すさまじく長くまるで広辞苑のような分厚さと重さで読むのが非常に大変でしたが…。しかしこれは衝撃の内容。筆者はスタンフォード大学の心理学の教授なのだが前半は自身が行って物議を醸した「スタンフォード監獄実験」の克明な記録。それこそ日時で詳細に内容を紹介してある。そして後半は当時大きなニュースとなった米軍がイラクで行ったアグレイブ刑務所での捕虜虐待の分析。作者はこの虐待事件の検証にも参画していた。全体を通しての結論は、問題の所在はシステムにあるのであって生まれつき邪悪な人間が事件を引き起こすのではない、ということ。つまり普通の人と自分では思っている我々の誰もが置かれた立場と状況によっては悪魔になり得る(ルシファー・エフェクト)ということを言っている。そしてその意見にはじゅうぶんな説得力があった。きつい内容だし衝撃的な写真も載っているうえ長大なので誰にでも薦められるとは思わないが非常に重要な作品だと思いました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください