シャネルNo5の謎

帝政ロシアの調香師

大野斉子

2015年2月28日

群像社

2,530円(税込)

科学・技術

世界で最も有名な香水シャネルN°5を生み出した亡命ロシア人の調香師とはどんな人物だったのか。古来から王侯貴族が身にまとい、近代以降は多くの女性たちを魅了してきた香りの歴史をたどり、独自の発展をしたロシアの香水産業から文学に描かれた匂いの世界までを視野に入れ、芸術としての香水を追求したロシアの天才調香師の秘められた姿を浮き彫りにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください