震災が教えてくれたこと

津波で家族3人を亡くした新聞記者の記録

今野公美子

2012年2月29日

朝日学生新聞社

1,100円(税込)

人文・思想・社会

東京駅構内のテレビでは、仙台平野に巨大な津波が押し寄せ、家をなぎ倒し、田畑をのみこむ映像が流れていた。その瞬間「これはだめだ」と思った。その映像を見るまでは、仙台にいるであろう家族をむかえに行くつもりだったー。悲しみの中で気づいた人のやさしさ。犠牲者の遺族になった朝日小学生新聞の記者が、家族の情報を求め、奔走した日々の記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください