福島原子力事故の責任

法律の正義と社会的公正

森本紀行

2012年9月30日

日本電気協会新聞部

1,320円(税込)

科学・技術

今、一番大切なことは、東京電力と原子力の問題を、政治の道具から解放することである。その上で、事実と法律と論理だけを用いて冷静な議論をすることで、国民の前に新しい電気事業のあり方を提示し、国民の判断を仰がねばならない。既成事実化する福島事故の責任の所在に金融の専門家が一石を投じる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください